タグ: 銀行以外の金融機関

ノンバンクと銀行その違い?お金を借りるならどっち?

金融機関の違いとは何か

金融機関の違い

金融機関にもいろいろあります。大手のメガバンクや街の信用金庫や信用組合、地方銀行など様々です。
それぞれ特徴が違うのですが、銀行は「銀行法」という法律に沿って営業しています。

大手のメガバンクでは大企業などを対象にした融資を行うことが多いのです。
個人にも貸し出しは行っていますが、年収が高い人などの属性が良い人を中心とした融資が多いのも特徴です。
それに対して地方銀行などは個人の住宅ローンなどにも積極的に融資しているところもあります。

信用金庫や信用組合では中小企業などへの融資などにも積極的に行っています。
信用組合では組合員になることという条件もありますが、どの金融機関でもお金を借りる際には頼りになるものです。
ちなみに信用金庫には「信用金庫法」というものに沿って営業しています。

さて、お金を借りる際には元金の返済に加えて利息も返済することになります。
金融機関によって利率が異なることが多いです。利率の低い順に並べてみるとまずはメガバンクが一番低く、次に地方銀行が低めで、その次に信用組合や信用金庫の順になります。
銀行以外の金融機関にノンバンクというものもありますが、利率は高めに設定されています。

ノンバンクの特徴とは

銀行とノンバンクどっち?

前述の通り銀行は「銀行法」、信用金庫は「信用金庫法」に沿って営業しています。

しかし、ノンバンクは「貸金業法」に沿って営業しているのです。
特徴としては、銀行などのように預金をしたりすることはできませんが、お金を借りる事は出来ます。
つまり貸金を専門にしているところが、他の金融機関と大きく異なるのです。

ノンバンクからお金を借りるメリットやデメリットがあります。
メリットは融資のスピードが銀行等に比べて早いという点です。

他の金融機関に比べてもすぐに、お金を借りることが出来るのが特徴の一つです。
逆にデメリットは利率が高いということでしょう。
メガバンクや地方銀行、信用金庫や信用組合と比べても、どこよりも高く設定されていることが多いです。

お金を借りる際に大切なことは、自分の属性を考えてどこから借りたらよいかをきちんと計画することです。出来れば利率は低いところがよいに決まっています。
大きな金額を借りるのであればなおさらでしょう。

住宅ローンのように長い年月をかけて返済するのであれば、メガバンクのような利率の低いところが望ましいのですが、すぐに借りたい場合には信販会社の借り入れは大変助かるものです。