タグ: 設備投資

ビジネスローン運転資金を借りる

事業者を対象にしたローン

ビジネスローンは事業資金の調達に特化したローンで、企業の運転資金を確保するためによく用いられます。
事業目的で融資を受ける場合、キャッシングやカードローンは未対応のケースが多々あります。
これらのローンは個人向けの消費を主な目的としているため、利用条件に事業資金は不可と記載されていることが多いです。
ビジネスローンは事業資金を目的にお金を借りるためのローンですから、限度額が大きいだけでなく、実質年率もかなり低く設定されています。
ただし銀行とノンバンクで金利に差がある点は注意が必要です。銀行は審査が難しいですが、低金利でお得に借りることができます。

一方のノンバンクは高金利ですが、審査の難易度は銀行より低いのが特徴です。
ビジネスローンでお金を借りるコツは、可能なかぎり希望額を圧縮することです。融資においては会社の利益率、財務状況などをチェックされます。

資金繰りが悪化している状況だと、追加で運転資金を借りられない可能性があります。
金融機関はボランティアではないため、返済計画をしっかりと示さないとお金を借りることはできません。
また審査を受けるときに嘘の情報を入力すると、嘘が発覚した瞬間に審査は無効になるので注意してください。

資金繰りに余裕があるうちに借り入れを

 

 

設備投資には多額の費用が必要になるので、多目的ローンで対応するのは困難です。
そこで設備投資を目的にお金を借りる場合は、ビジネスローンを選択しましょう。

ビジネスローンからお金を借りることは、事業を加速するうえで欠かせません。
日本では無借金経営をするのが美徳という考えが浸透していますが、これでは企業の成長を鈍化させてしまいます。

スピーディーな成長のためには、必要な状況でしっかりとお金を借りることが重要です。
資金力に余裕があれば、さまざまなチャレンジができるので、現状を打破するチャンスにもなります。
ビジネスローンを利用するタイミングは、財務状況が逼迫していないときです。

自転車操業の状態に陥ってしまうと、たとえ少額でも借りることは困難です。
これは金融機関全般に言えることで、財務状況に余裕があるときは借りやすく、逆に本当に困ったときは容易には貸してもらえません。

資金繰りが極めて悪化している状況で借り入れするのであれば、有担保ローンを利用するのが現実的でしょう。
不動産を担保に入れることで、融資をしてもらえる確率がぐんと高くなります。
さらに無担保ローンよりも限度額と金利で優遇条件を提示してもらえることが多いです。