タグ: 塩沢信用組合

塩沢信用組合でお金を借りる

塩沢信用組合でお金を借りる

塩沢信用組合でお金を借りるならば、キャッシュフローのアドバイスを事前に受けた方が
良いかもしれません。

お金を借りる人が全て返済できないわけでもなく、全て無計画と言うわけではありませんが、
概ねお金を借りる人はお金に対していい加減な考え方を持っている可能性があります。

それは、日本であまりお金に関する勉強をしてこなかったからと言えるでしょう。
将来的に、高校生位から投資の勉強が学校で始まると言われていますが、それでもまだまだ
お金やキャッシュフローに関する勉強は少ないといえます。

特にお金を借りる場面においては、資金計画を十分に見直すことが必要ですが、周りにそれを
忠告してくれる人がいなければ現実的にならず、餅に描いた絵になってしまいます。

お金を借りる場面において、最低限でも収入のどれぐらいまでならば問題ないか自分で考える
必要があります。そして、できたらそれを人に相談して客観的な情報を得ることが必要になります。

借り入れをした場合、本当に返済することができるのか、そして返済できなかった場合どのように
なるのかなどもアドバイス入れておいた方が現在の自分だけでなく自分の将来のためになるわけです。

相談内容から分かる事は・・・

相談内容から分かる事は、様々ありますがまず自分の金銭管理に対する甘さが露呈するかも
しれません。

多くの人は、給料のすべてを使い切らずできるだけ預貯金に残そうと考えている人もいます。
もちろん預貯金が絶対に正しいわけではなく、50年前ならばそれでよかったら教えませんが、
最近はあまり貯金のしすぎも良くないと言われています。

キャッシュフローに関して詳しい塩沢信用組合のスタッフに聞くと、概ね現在なぜ預金がいけないのか
あるいは貯金がいけないのかなどを説明してくれるかもしれません。それに加えて、どのような給料を
もらいいくらぐらいのお金を残したらいいかなどのアドバイスが的確になります。

銀行員にアドバイスを受ける

とは言え、あくまで理想の話をしますので現実的な話をしてくれ
ない人も多くなります。お金のプロフェッショナルといっても、
それが再現性がなければ何ら意味はありません。再現性を持たせる
ためには、少なくとも実現可能な数字から追いかけることが必要です。

例えば毎月10,000円のお金を貯めておくといったハードルの低い
ところでも構わないです。もしどれだけ頑張っても貯めることが
できないとすれば、現在の生活そのものを見直さなければいけない
でしょう。