タグ: 借り入れ先はPayPay銀行

PayPay(ペイペイ)でお金を借りるためには銀行の審査が必要

お金を借りるには銀行の審査が必要です

お金を借りる

PayPayとはスマートフォンひとつで決済することができるアプリになり、還元率が高いキャンペーンなど頻繁におこなっているので、ユーザー数も増えてきています。

何かサービスや品物を購入するだけではなく、お金を借りることもできます。
借り入れ先はPayPay銀行になり、借入の手続きはスマートフォンひとつでおこなうことができます。

お金を借りる場合には、銀行の審査基準の条件を満たしている必要があるので、誰でもお金を借りることができるわけではないので注意する必要があります。
審査に通過する必要がありますが、審査そのものはそんなに厳しいものではないので、借入しやすいです。
銀行法に則って運営しているので、貸金業法による総量規制の対象ではないので、総量規制を超える貸し付けがある方でもお金を借りることができる余地があります。

正規の雇用でなくても安定した収入がある場合いにはアルバイトでも貸付の対象になります。
貸付年齢対象が73歳までなので安定した収入がある高齢者の方でも借りることが可能になります。
配偶者が働いている場合では、専業主婦でも貸付の対象になるので配偶者貸付として融資をうけることができます。

PayPay銀行による在籍確認の電話の注意点

PayPayでお金を借りるとペイペイ銀行から勤務先に在籍確認の電話があります。
在籍確認は申し込みの内容に嘘や偽りがないかチェックする大切なことなので必ずおこなわれることになります。
指定した勤務先で在籍確認をとることができなかった場合には、融資をうけることができなくなるので注意する必要があります。

勤務先に在籍確認の電話があった場合、本人が電話口に出なくても在籍の確認を認められるケースがあります。
それは職場の方が対応したときに席を外しているといった場合になります。
逆に職場の方が個人情報なので教えなかった場合には、在籍確認として認められないので注意しておく必要があります。

審査が比較的緩いペイペイ銀行でも、ブラックの方などは審査の通過がかなり難しくなります。
審査の際に全国銀行信用情報センターに照会するので、ブラックの方はすぐにばれてしまいます。
そうはいっても他の金融機関に比べて審査が通りやすいです。
その背景には他の銀行カードローンに比べて金利が高いといったことがあります。
無利息キャンペーンなどおこなっていることがあるので、そのときに借りるようにすれば利息がお得になるのでおすすめです。