カテゴリー: 消費者金融でお金を借りる

お金借りる先を考えるときの審査ポイント

お金借りる先はどこにしようか、最近の消費者金融は審査が柔軟だし金利も昔と比べると安くなっています。

消費者金融の場合は総量規制があるので希望額を借入できないなど銀行を選択しようと考える人も多いの
ではないでしょうか。

しかし、金融機関は消費者金融と比べると審査基準が厳しいようにも思えてお金借りる先としてはあまり
相応しくないのではと悩みを抱える人も多いと思います。

銀行でカードローンを申し込みするとき、そこには安定した収入がある人で年齢が20歳以上65未満などの
ように記載が行われていて、収入証明書不要などのようなことが明記されていることも少なくありません。

65歳未満の借り入れ

また、収入証明書は300万円以上の申込額を希望される人が提出しなければならないので、申込額が200万円前後ならば不要になるわけです。

しかし、最近の金融機関のホームページでは50万円を超える場合などのような記載があるケース、申込額に関係なく収入証明書の提出が必要になるなど提出における判断ラインの変化が生じているのが現状です。

そのため、借入額の割合をより正確に把握するなどの審査ポイントがあるのでそれを踏まえて申込額を決めることが審査に通過するコツに繋がってくるわけです。

お金借りるとき職に就いていない人も可能?

お金借りる選択肢の一つに銀行カードローンがありますが、お金借りるときの条件として仕事をしてい
ない無職でも可能になるのか疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。

お金借りるときの条件には必ず安定した収入や継続可能な収入を持つ人などになっているので、結論から
すると定期収入がないわけですから専業主婦以外の無職では申し込みを行って審査に通過はできません。

専業主婦の場合は、配偶者に安定し収入がある場合であれば申し込みは可能ですが、本人の収入ではない
などの理由から借入額の上限は30万円まで、このような金額に設定されていることが多いようです。

ただ、全ての銀行カードローンが専業主婦に申し込みの権利を与えているわけではないので専業主婦が
カードローンを利用したいとなったときには申し込み条件をチェックすること、これに加えて配偶者と
の相談を行うなどが大切です。

主婦でも借り入れできる

なお、希望額を記載しても必ずしもその金額で審査が通過するわけでなく、銀行
カードローンの限度額は審査で決まりますので希望額よりも下がることがあります。

これは利用する側の返済能力を、審査で決めたもので、これを把握した上で申し
込みすることをおすすめします。

お金借りるときの知識を蓄えておこう!

消費者金融を見極める

お金借りるとなったときの選択肢で、消費者金融を検討される人は多いのではないでしょうか。

昔は、サラ金や街金などのように呼ばれていたことがある金融業者になるわけですが、利息制限法の改正に伴い従来のような高利貸しではなくなっていること、大手の会社などはお金借りる人の数も増えていて安心感があるなどの理由からお金借りるなどを考えたときに消費者金融を選択される人が多くなっているわけです。

お金借りるとなったとき、お店に行くとなると色々な質問を受けたり面倒だし、お店の営業時間が早く終わってしまうので会社帰りに申し込めないなどのデメリットもありますよね。

最近はネットで申し込みができるし午前中までに申し込みが完了できれば即日融資もできるなど直ぐにお金借りるなどを考えると便利な金融業者といえましょう。

しかし、お金借りるときには消費者金融は貸金業法が適用される金融会社であることを把握しておく必要があります。貸金業法は、銀行が適用される銀行法とは全く異なる法律であり、貸金業者として登録が必要などの特徴があります。

なお、金融庁の公式サイトにアクセスを行うと貸金業者検索ができるのであまり認知度が低い会社などのときには検索して登録済みであるのか否かを確認しておきましょう。

 

貸金業者に適用される規制について

お金借りる先が貸金業者となったとき、業者には総量規制と呼ぶものがあることを把握するなどが重要です。

この規制は、年収の3分の1を超えた金額で貸し付けを行うことを禁止しているもので、元々は法律の改正の際に多重債務者を減らす目的で導入されたなどの経緯があります。

 

多重債務者というのは、1社からお金を借りている人が返済ができなくなり、他社から
お金を借りてそのお金で返済に充てる、このようなことを繰り返す行為です。

規制がなかった時代は、融資を受けては返済に充当するなど数社から同じような形でお金を借りているケースもあり返済ができないからといって新規の借入をしても解決にはつながらない、債務だけが雪だるま式に膨れ上がる
だけなどのデメリットがあります。

現代では、自分の収入が600万円の場合は200万円が上限になるので多重債務者になるリスクは減っているといえましょう。

ただ、他社から既に100万円を借りている場合は新規の融資額の上限は既存の借金が含まれることになるので、借入可能な上限としては100万円までです。

そのため、申し込みを行うときの希望額は自分の年収を3分の1で割った金額、既存の借金がある人は借金の額をマイナスした金額で行うことが大切です。

消費者金融でお金を借りるとき「ブラック」と「申し込みブラック」の違い

俗に言われるブラックリストとは

 

お金を借りるときに注意したいのは、ブラックリストに載るような借り方はしないことです。
ブラックリストとは信用情報に大きな傷がついてしまっている状態を指します。

  • 2~3か月以上も返済できない状態が続いている、
  • 途中で返済不能になって債務整理をしてしまった、

などの重大な金融トラブルを起こしたブラックです。

近年は住宅ローンの返済ができなくなる問題がニュースになっていますが、融資上限がそれほど大きくないローンであってもブラックになる可能性はあります。
例えば消費者金融のキャッシングは延滞をする人が多い現実があり、それゆえに高金利が設定されているのです。

高金利で貸し出すのは、金融機関側にとって保険としての意味合いがあります。
延滞をする人が多いローンだからこそ、回収不能リスクに備えて金利を高くするわけです。
ひとたびブラックリストに登録されると、5~10年間はリストから消えません。
その期間中は他からも借りられなくなるので、徹底した現金生活を余儀なくされます。

ブラックを回避するためにも、お金を借りるときは余裕をもった借り方を意識してください。
すでに消費者金融から借り入れがあるなら、他社でお金を借りるのを避けたほうが無難です。

短期間だけ登録されるブラックもある

 

消費者金融に申し込みしたけど、申し込みブラックで借りられなかったという話は聞いたことがあるでしょう。
これは短期間に集中してローンの申し込みをした場合に登録される可能性があるブラックです。
金融機関から確実にお金を借りる方法は存在しないため、少しでも確実性を高めるためにさまざまな金融機関から同時にお金を借りようとする人は少なくありません。

しかし短期間に複数の金融機関へ申し込みブラックになると、6か月間くらいはローンの審査にまったく通過できなくなってしまいます。
なぜ申し込みブラックが存在するかといえば、金融機関側が怪しい申込者にお金を貸さないためです。
現在は少なくなっていますが、昔はお金を借りるだけ借りて海外に逃げるという人がいました。
海外に逃亡されてしまうと、債権を回収するのが極めて困難になります。

そしてこうした人は短期間に複数社の消費者金融に申し込みする傾向があったため、ひと月に5~10社などと多くの申し込みをする人を除外したわけです。
申し込みブラックを避けてお金を借りるためには、申し込みする金融機関を1社に絞っておくことです。
希望額を圧縮するなど工夫すれば、審査の通過率を上げることができます。