カテゴリー: イベントの賞品はよく考えて

アイス一年分でインパクト大のイベント賞品を!

イベント賞品で何かの一年分というのがあると
非常にインパクトが大きく、盛り上がります。

ただ、一年分もあるわけですから、その賞品を全く使わないと
いう人もいるような、人によって好き嫌いのはっきり分かれる
ようなものはイベント賞品としては用意しないほうが無難です。

タバコ1年分などと言われても、もともと全く吸わない人に
とっては迷惑以外の何物でもないでしょう。

そんな中で、アイス一年分というのは若干微妙かもしれませんが、
まあ十分に許容範囲となるものでしょう。

インパクトがあるもの

全く食べないという人はかなりの少数派でしょうし、
デザートとして、今では冬場でも食べる人もいますから、
イベント賞品として一年分を出したところでさして違和感はありません。

ところで、イベント賞品の一年分というのはどのようにして
決めればよいか、気にする人もいるかもしれません。

このあたりは自分でいろいろなデータを調べて計算してもよいのですが、
このようなイベント賞品を専門に扱っている業者もあり、
そういうところでは初めからセットにして販売されています。

後日郵送

もちろん業者によって分量的には差異もあるのですが、
アイスの場合はだいたい1か月あたり1リットル前後の
容量になっていることが多いようです。

もちろんイベント会場内に現物を用意することはできないでしょうから、
パネル賞品にするべきなのは間違いありません。

業者によっては、そういうパネルも含めて販売しているところもあります。

やっぱり嬉しいイベント賞品はお米1年分!

何かの商品の1年分というのはイベント賞品の目玉になるものですが、
その中でもお米というのは一般的です。

ところで、イベント賞品や懸賞などでの1年分というのは
何を基にして決めればよいのでしょうか。

もちろん主催者が主観的に判断しても別に構わないのでしょうが、
納得性を高めるためにはある程度の根拠もあったほうがよいでしょう。

こういう場合に参考になるのが、日本人一人当たりの
平均的な消費量です。

一年分

各種統計などが発表されていますから、
それを参考にすることができます。

あくまで目安であって、常にそれに
しなければならないという理由は
ありませんが、1年分のイベント賞品が
当たった人も当たらなかった人も
納得感は高まるでしょう。

お米の場合は、年間で約60kgとされています。
ひと月当たり5kgということになります。

特に女性などの場合、そこまで食べて
いないという人も多いかもしれませんが、
一方で育ち盛りの子供などはもっと多く食べているでしょうから、
平均するとこれくらいの数字になるのでしょう。

当然のことですがこれをイベント賞品として用意する場合、
1年分の60kgを実際に会場に持ち込んでも当たったほうは困ります。

景品自家用車でもないかぎり、持ち帰ることができなくなってしまうからです。

しかも、古米というものもあるくらいですから1年くらいは十分にもつものの、やはり新しく精米されたもののほうがおいしいので、会場ではパネル景品などにしたほうがよいでしょう。