カテゴリー: 銀行でお金を借りる

塩沢信用組合でお金を借りる

塩沢信用組合でお金を借りる

塩沢信用組合でお金を借りるならば、キャッシュフローのアドバイスを事前に受けた方が
良いかもしれません。

お金を借りる人が全て返済できないわけでもなく、全て無計画と言うわけではありませんが、
概ねお金を借りる人はお金に対していい加減な考え方を持っている可能性があります。

それは、日本であまりお金に関する勉強をしてこなかったからと言えるでしょう。
将来的に、高校生位から投資の勉強が学校で始まると言われていますが、それでもまだまだ
お金やキャッシュフローに関する勉強は少ないといえます。

特にお金を借りる場面においては、資金計画を十分に見直すことが必要ですが、周りにそれを
忠告してくれる人がいなければ現実的にならず、餅に描いた絵になってしまいます。

お金を借りる場面において、最低限でも収入のどれぐらいまでならば問題ないか自分で考える
必要があります。そして、できたらそれを人に相談して客観的な情報を得ることが必要になります。

借り入れをした場合、本当に返済することができるのか、そして返済できなかった場合どのように
なるのかなどもアドバイス入れておいた方が現在の自分だけでなく自分の将来のためになるわけです。

相談内容から分かる事は・・・

相談内容から分かる事は、様々ありますがまず自分の金銭管理に対する甘さが露呈するかも
しれません。

多くの人は、給料のすべてを使い切らずできるだけ預貯金に残そうと考えている人もいます。
もちろん預貯金が絶対に正しいわけではなく、50年前ならばそれでよかったら教えませんが、
最近はあまり貯金のしすぎも良くないと言われています。

キャッシュフローに関して詳しい塩沢信用組合のスタッフに聞くと、概ね現在なぜ預金がいけないのか
あるいは貯金がいけないのかなどを説明してくれるかもしれません。それに加えて、どのような給料を
もらいいくらぐらいのお金を残したらいいかなどのアドバイスが的確になります。

銀行員にアドバイスを受ける

とは言え、あくまで理想の話をしますので現実的な話をしてくれ
ない人も多くなります。お金のプロフェッショナルといっても、
それが再現性がなければ何ら意味はありません。再現性を持たせる
ためには、少なくとも実現可能な数字から追いかけることが必要です。

例えば毎月10,000円のお金を貯めておくといったハードルの低い
ところでも構わないです。もしどれだけ頑張っても貯めることが
できないとすれば、現在の生活そのものを見直さなければいけない
でしょう。

お金借りる先を考えるときの審査ポイント

お金借りる先はどこにしようか、最近の消費者金融は審査が柔軟だし金利も昔と比べると安くなっています。

消費者金融の場合は総量規制があるので希望額を借入できないなど銀行を選択しようと考える人も多いの
ではないでしょうか。

しかし、金融機関は消費者金融と比べると審査基準が厳しいようにも思えてお金借りる先としてはあまり
相応しくないのではと悩みを抱える人も多いと思います。

銀行でカードローンを申し込みするとき、そこには安定した収入がある人で年齢が20歳以上65未満などの
ように記載が行われていて、収入証明書不要などのようなことが明記されていることも少なくありません。

65歳未満の借り入れ

また、収入証明書は300万円以上の申込額を希望される人が提出しなければならないので、申込額が200万円前後ならば不要になるわけです。

しかし、最近の金融機関のホームページでは50万円を超える場合などのような記載があるケース、申込額に関係なく収入証明書の提出が必要になるなど提出における判断ラインの変化が生じているのが現状です。

そのため、借入額の割合をより正確に把握するなどの審査ポイントがあるのでそれを踏まえて申込額を決めることが審査に通過するコツに繋がってくるわけです。

お金借りるとき職に就いていない人も可能?

お金借りる選択肢の一つに銀行カードローンがありますが、お金借りるときの条件として仕事をしてい
ない無職でも可能になるのか疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。

お金借りるときの条件には必ず安定した収入や継続可能な収入を持つ人などになっているので、結論から
すると定期収入がないわけですから専業主婦以外の無職では申し込みを行って審査に通過はできません。

専業主婦の場合は、配偶者に安定し収入がある場合であれば申し込みは可能ですが、本人の収入ではない
などの理由から借入額の上限は30万円まで、このような金額に設定されていることが多いようです。

ただ、全ての銀行カードローンが専業主婦に申し込みの権利を与えているわけではないので専業主婦が
カードローンを利用したいとなったときには申し込み条件をチェックすること、これに加えて配偶者と
の相談を行うなどが大切です。

主婦でも借り入れできる

なお、希望額を記載しても必ずしもその金額で審査が通過するわけでなく、銀行
カードローンの限度額は審査で決まりますので希望額よりも下がることがあります。

これは利用する側の返済能力を、審査で決めたもので、これを把握した上で申し
込みすることをおすすめします。