カテゴリー: お金を借りる時の知識

塩沢信用組合でお金を借りる

塩沢信用組合でお金を借りる

塩沢信用組合でお金を借りるならば、キャッシュフローのアドバイスを事前に受けた方が
良いかもしれません。

お金を借りる人が全て返済できないわけでもなく、全て無計画と言うわけではありませんが、
概ねお金を借りる人はお金に対していい加減な考え方を持っている可能性があります。

それは、日本であまりお金に関する勉強をしてこなかったからと言えるでしょう。
将来的に、高校生位から投資の勉強が学校で始まると言われていますが、それでもまだまだ
お金やキャッシュフローに関する勉強は少ないといえます。

特にお金を借りる場面においては、資金計画を十分に見直すことが必要ですが、周りにそれを
忠告してくれる人がいなければ現実的にならず、餅に描いた絵になってしまいます。

お金を借りる場面において、最低限でも収入のどれぐらいまでならば問題ないか自分で考える
必要があります。そして、できたらそれを人に相談して客観的な情報を得ることが必要になります。

借り入れをした場合、本当に返済することができるのか、そして返済できなかった場合どのように
なるのかなどもアドバイス入れておいた方が現在の自分だけでなく自分の将来のためになるわけです。

相談内容から分かる事は・・・

相談内容から分かる事は、様々ありますがまず自分の金銭管理に対する甘さが露呈するかも
しれません。

多くの人は、給料のすべてを使い切らずできるだけ預貯金に残そうと考えている人もいます。
もちろん預貯金が絶対に正しいわけではなく、50年前ならばそれでよかったら教えませんが、
最近はあまり貯金のしすぎも良くないと言われています。

キャッシュフローに関して詳しい塩沢信用組合のスタッフに聞くと、概ね現在なぜ預金がいけないのか
あるいは貯金がいけないのかなどを説明してくれるかもしれません。それに加えて、どのような給料を
もらいいくらぐらいのお金を残したらいいかなどのアドバイスが的確になります。

銀行員にアドバイスを受ける

とは言え、あくまで理想の話をしますので現実的な話をしてくれ
ない人も多くなります。お金のプロフェッショナルといっても、
それが再現性がなければ何ら意味はありません。再現性を持たせる
ためには、少なくとも実現可能な数字から追いかけることが必要です。

例えば毎月10,000円のお金を貯めておくといったハードルの低い
ところでも構わないです。もしどれだけ頑張っても貯めることが
できないとすれば、現在の生活そのものを見直さなければいけない
でしょう。

お金を借りる夢の意味とは?

夢占いにおいてお金は、生命維持のエネルギー・愛情・豊かさ・能力などの象徴であり、お金の夢を見た場合ではお金を何に使っていたのか、どのくらい持っていたかでも意味が変わってきます。

お金を借りる夢お金を借りる夢は、お金を貸してくれた相手とトラブルになることを表しており、借りることで相手に弱みを握られてストレスが溜まってしまう結果、些細なことがきっかけでトラブルに発展してしまう暗示を示しています。

知らない人からお金を借りる夢は、将来的にその上と出会うこと可能性が高いことを暗示しており、その場合は最初からトラブルに抱える存在となるので注意が必要になります。

少額のお金を借りる夢は、第三者に少し甘えたい気持ちや小さな欲求がある状態を表していて、巨額のお金を借りる夢は他者に対して求めているものが多すぎたり、愛情に飢えている状態を表しています。

 

理想が高く、もっとよく見られたい・もっと愛されたいなどの欲求が高まっている状態で、理想と現実に隔たりがあることを示唆してます。第三者に自分の悩みや欲求などを打ち明けることで、自分の置かれている状況について改めて見つめ直すことができますし、それがトラブル回避にも繋がっていきます。

 

お金を借りる夢は吉夢!凶夢?

現実世界においてもお金を借りるということはトラブルに繋がってしまうことが少なくないですが、夢の中でもそれは同じことであり、お金を借りた人は貸してもらった人に借りを作っているということなので、その相手との間で常にトラブルの火種が存在していることを意味します。

こういった夢を見た場合、夢の中でお金を借りた相手に対して何らかの弱みを握られているかなどを確認し、思い当たる節があるときはその原因を早めに解消しておくなどの努力をしておいた方が得策といえます。

トラブルの夢

また、親しい関係性だった人が離れていったり、予定していたお金が入ってこなくなる可能性も考えられるなど、お金を借りる夢は基本的にお金のトラブルには要注意というサインともいえるので、十分な注意が必要になります。

ほとんどの場合、お金にまつわる夢は逆夢になりやすいといわれているため、大金を拾ったなどの夢を見てしまった場合は要注意ですし、夢を見た後に思いもよらぬ出費が見舞われる可能性もあります。

お金の夢は逆夢というのはあくまでも一つの解釈に過ぎませんが、それぞれの夢の内容に沿った解釈を知る必要があるということは念頭に置いておいた方がいいです。

お金借りる先を考えるときの審査ポイント

お金借りる先はどこにしようか、最近の消費者金融は審査が柔軟だし金利も昔と比べると安くなっています。

消費者金融の場合は総量規制があるので希望額を借入できないなど銀行を選択しようと考える人も多いの
ではないでしょうか。

しかし、金融機関は消費者金融と比べると審査基準が厳しいようにも思えてお金借りる先としてはあまり
相応しくないのではと悩みを抱える人も多いと思います。

銀行でカードローンを申し込みするとき、そこには安定した収入がある人で年齢が20歳以上65未満などの
ように記載が行われていて、収入証明書不要などのようなことが明記されていることも少なくありません。

65歳未満の借り入れ

また、収入証明書は300万円以上の申込額を希望される人が提出しなければならないので、申込額が200万円前後ならば不要になるわけです。

しかし、最近の金融機関のホームページでは50万円を超える場合などのような記載があるケース、申込額に関係なく収入証明書の提出が必要になるなど提出における判断ラインの変化が生じているのが現状です。

そのため、借入額の割合をより正確に把握するなどの審査ポイントがあるのでそれを踏まえて申込額を決めることが審査に通過するコツに繋がってくるわけです。

お金借りるとき職に就いていない人も可能?

お金借りる選択肢の一つに銀行カードローンがありますが、お金借りるときの条件として仕事をしてい
ない無職でも可能になるのか疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。

お金借りるときの条件には必ず安定した収入や継続可能な収入を持つ人などになっているので、結論から
すると定期収入がないわけですから専業主婦以外の無職では申し込みを行って審査に通過はできません。

専業主婦の場合は、配偶者に安定し収入がある場合であれば申し込みは可能ですが、本人の収入ではない
などの理由から借入額の上限は30万円まで、このような金額に設定されていることが多いようです。

ただ、全ての銀行カードローンが専業主婦に申し込みの権利を与えているわけではないので専業主婦が
カードローンを利用したいとなったときには申し込み条件をチェックすること、これに加えて配偶者と
の相談を行うなどが大切です。

主婦でも借り入れできる

なお、希望額を記載しても必ずしもその金額で審査が通過するわけでなく、銀行
カードローンの限度額は審査で決まりますので希望額よりも下がることがあります。

これは利用する側の返済能力を、審査で決めたもので、これを把握した上で申し
込みすることをおすすめします。

お金借りるときの知識を蓄えておこう!

消費者金融を見極める

お金借りるとなったときの選択肢で、消費者金融を検討される人は多いのではないでしょうか。

昔は、サラ金や街金などのように呼ばれていたことがある金融業者になるわけですが、利息制限法の改正に伴い従来のような高利貸しではなくなっていること、大手の会社などはお金借りる人の数も増えていて安心感があるなどの理由からお金借りるなどを考えたときに消費者金融を選択される人が多くなっているわけです。

お金借りるとなったとき、お店に行くとなると色々な質問を受けたり面倒だし、お店の営業時間が早く終わってしまうので会社帰りに申し込めないなどのデメリットもありますよね。

最近はネットで申し込みができるし午前中までに申し込みが完了できれば即日融資もできるなど直ぐにお金借りるなどを考えると便利な金融業者といえましょう。

しかし、お金借りるときには消費者金融は貸金業法が適用される金融会社であることを把握しておく必要があります。貸金業法は、銀行が適用される銀行法とは全く異なる法律であり、貸金業者として登録が必要などの特徴があります。

なお、金融庁の公式サイトにアクセスを行うと貸金業者検索ができるのであまり認知度が低い会社などのときには検索して登録済みであるのか否かを確認しておきましょう。

 

貸金業者に適用される規制について

お金借りる先が貸金業者となったとき、業者には総量規制と呼ぶものがあることを把握するなどが重要です。

この規制は、年収の3分の1を超えた金額で貸し付けを行うことを禁止しているもので、元々は法律の改正の際に多重債務者を減らす目的で導入されたなどの経緯があります。

 

多重債務者というのは、1社からお金を借りている人が返済ができなくなり、他社から
お金を借りてそのお金で返済に充てる、このようなことを繰り返す行為です。

規制がなかった時代は、融資を受けては返済に充当するなど数社から同じような形でお金を借りているケースもあり返済ができないからといって新規の借入をしても解決にはつながらない、債務だけが雪だるま式に膨れ上がる
だけなどのデメリットがあります。

現代では、自分の収入が600万円の場合は200万円が上限になるので多重債務者になるリスクは減っているといえましょう。

ただ、他社から既に100万円を借りている場合は新規の融資額の上限は既存の借金が含まれることになるので、借入可能な上限としては100万円までです。

そのため、申し込みを行うときの希望額は自分の年収を3分の1で割った金額、既存の借金がある人は借金の額をマイナスした金額で行うことが大切です。

ローンでお金を借りる? ローンについて理解する

お金を借りる場合の返済方法の種類について

 

お金を借りるときの返済方法で、よく知られているのが「一括返済」と「分割返済」です。
ローンだと毎月決まった日に決まった金額だけ返済する約定返済が基本で、例えば毎月10日に1万円ずつ返していきます。一括だと借り入れ残高を一回で全額返済し、借入でかかるし利息が減らせるので借入額が増えるほどその効果は大きいです。
最大の特徴は利息を減らせることで、金利に関係なく借りた期間が長くなるほど利息は高くなっていき短いほど少なくなります。「分割返済」は、買い物金額などに対して何回で支払いを済ませるかを決めてから返す方法です。

例えば3・5・6・10・12回など予め決まっていて後は回数を指定するだけで申し込めます。回数はカード会社ごとに違い、最初は一括でも後から分割にすることも可能です。

注意したいのは単純に買い物額÷支払い回数=が毎月の返済額ではなく、分割にすると回数によって毎月手数料が加算されて、支払い回数が多いほど返済額は安くなってもその分手数料が高くなります。

「分割返済」は先に何ヶ月後に返済が終わるかがはっきりわかり、手数料はリボ払いよりも低めに設定されていて、一つずつの買い物で指定できるので何件も利用したら少し把握がしにくいです。

 

お金を借りる時には最適な返済方法の選択も大事

 

お金を借りる場合は、「元利均等返済」と「元金均等返済」の特徴を知っておくことも大事です。
元利均等返済は、最初から完済まで「月々の返済額が一定」となる方式で端数調整で初回や最終回だけ返済額が少し違うこともありますが、返済の最初の月から最後の月まで借入期間中はずっと同じ金額を返します。

利息と元金を含んだ一定額を毎月返すので、返済当初は利息の割合が大きくて完済が近づいてくるほど元金部分の割合が大きくなってきます。毎回の金額が一定なので将来にわたり返済計画も立てやすく、
長期間のお金を借りる場合でも安定的に返していけます。

元金均等返済は、最初から完済まで月々の返済額に占める「元金の返済額が一定」となる方法で、利息部分は残高を元に計算するので多い初回は返す金額が最も多くて将来に向けて金額が少なくなっていきます。

最大のメリットは同じ期間を設定したときに、総額が元利均等返済に比べて少なくなることで元金は毎月均等に返していくので、残金の減り方が早いです。

ただ、初回は高いので負担はおおきくなり、最初は高額でも将来にわたって月々の金額が減っていく方がいいなら、お金を借りるときにはおすすめの方法といいます。

 

ノンバンクと銀行その違い?お金を借りるならどっち?

金融機関の違いとは何か

金融機関の違い

金融機関にもいろいろあります。大手のメガバンクや街の信用金庫や信用組合、地方銀行など様々です。
それぞれ特徴が違うのですが、銀行は「銀行法」という法律に沿って営業しています。

大手のメガバンクでは大企業などを対象にした融資を行うことが多いのです。
個人にも貸し出しは行っていますが、年収が高い人などの属性が良い人を中心とした融資が多いのも特徴です。
それに対して地方銀行などは個人の住宅ローンなどにも積極的に融資しているところもあります。

信用金庫や信用組合では中小企業などへの融資などにも積極的に行っています。
信用組合では組合員になることという条件もありますが、どの金融機関でもお金を借りる際には頼りになるものです。
ちなみに信用金庫には「信用金庫法」というものに沿って営業しています。

さて、お金を借りる際には元金の返済に加えて利息も返済することになります。
金融機関によって利率が異なることが多いです。利率の低い順に並べてみるとまずはメガバンクが一番低く、次に地方銀行が低めで、その次に信用組合や信用金庫の順になります。
銀行以外の金融機関にノンバンクというものもありますが、利率は高めに設定されています。

ノンバンクの特徴とは

銀行とノンバンクどっち?

前述の通り銀行は「銀行法」、信用金庫は「信用金庫法」に沿って営業しています。

しかし、ノンバンクは「貸金業法」に沿って営業しているのです。
特徴としては、銀行などのように預金をしたりすることはできませんが、お金を借りる事は出来ます。
つまり貸金を専門にしているところが、他の金融機関と大きく異なるのです。

ノンバンクからお金を借りるメリットやデメリットがあります。
メリットは融資のスピードが銀行等に比べて早いという点です。

他の金融機関に比べてもすぐに、お金を借りることが出来るのが特徴の一つです。
逆にデメリットは利率が高いということでしょう。
メガバンクや地方銀行、信用金庫や信用組合と比べても、どこよりも高く設定されていることが多いです。

お金を借りる際に大切なことは、自分の属性を考えてどこから借りたらよいかをきちんと計画することです。出来れば利率は低いところがよいに決まっています。
大きな金額を借りるのであればなおさらでしょう。

住宅ローンのように長い年月をかけて返済するのであれば、メガバンクのような利率の低いところが望ましいのですが、すぐに借りたい場合には信販会社の借り入れは大変助かるものです。

低所得世帯の場合は緊急小口資金で金を借りる?コロナ影響で世帯拡大!

所得が低い世帯は国からお金が借りられる

 

低所得世帯向けの国からお金を借りることができる制度があります。
緊急小口資金を利用すれば、所得が低いことを理由に一時的に生活を維持することができなくなった場合、緊急でお金が必要になった場合に国からお金を借りることが可能です。

金額は少額ですが、無利子かつ保証人なしで借りられるというメリットがあります。
一般的な借入では保証人が必要であったり、利子が発生したりすることが多いです。
緊急小口資金を利用してお金を借りる場合は、銀行や消費者金融での借入と違って利子による負担が発生することがありません。

お金を借りる

生活費が足りなくなったときやお金がなくて困っているときには、すぐに消費者金融などの利用を検討してしまう人が多いです。
ですが、利子の発生するような方法を選んでしまうと一時的にお金を得ることができても、収入が低い状態では返済することが難しくなります。

緊急小口資金の場合は利子がない上に償還までの期間が長めに設定されているため、低所得世帯でもきちんと返しやすい仕組みになっていると言えるでしょう。
所得が低い状態でお金に困っているのであれば、この方法で借りることができないかチェックしてみることをおすすめします。

新型コロナウイルスの影響で利用できる人が増えている

緊急小口資金は新型コロナウイルス感染症の影響によって、対象者が拡大されています。新型コロナウイルス感染症を理由とした休業で収入が減少した人、失業で収入がなくなった人もお金を借りることが可能です。
状況に応じて貸付上限は違っていますが、最高で20万円までお金を借りることができるので、当面の生活費を確保したい場合でも安心だと言えます。

きらん

要介護者がいる場合や家族が多い場合、仕事を休んで休校になった子供の世話をする必要がある場合など、特定の条件を満たす場合は20万円以内でお金を借りることが可能です。
上限に違いはありますが、従来の所得が低い世帯に限定した取り扱いではなく、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた世帯であれば利用できるようになっていることを知っておきましょう。

感染症が拡大する前までの制度しか知らなかった場合は、対象に含まれていることに気づいていない可能性があります。
実は利用対象に含まれている世帯が多いので、お金に困っているのであれば緊急小口資金を利用することができるのかどうか確かめてみるべきです。
国で用意されている制度を理解し、必要なときに使えるようにしておくことが大切だと言えます。

ビジネスローン運転資金を借りる

事業者を対象にしたローン

ビジネスローンは事業資金の調達に特化したローンで、企業の運転資金を確保するためによく用いられます。
事業目的で融資を受ける場合、キャッシングやカードローンは未対応のケースが多々あります。
これらのローンは個人向けの消費を主な目的としているため、利用条件に事業資金は不可と記載されていることが多いです。
ビジネスローンは事業資金を目的にお金を借りるためのローンですから、限度額が大きいだけでなく、実質年率もかなり低く設定されています。
ただし銀行とノンバンクで金利に差がある点は注意が必要です。銀行は審査が難しいですが、低金利でお得に借りることができます。

一方のノンバンクは高金利ですが、審査の難易度は銀行より低いのが特徴です。
ビジネスローンでお金を借りるコツは、可能なかぎり希望額を圧縮することです。融資においては会社の利益率、財務状況などをチェックされます。

資金繰りが悪化している状況だと、追加で運転資金を借りられない可能性があります。
金融機関はボランティアではないため、返済計画をしっかりと示さないとお金を借りることはできません。
また審査を受けるときに嘘の情報を入力すると、嘘が発覚した瞬間に審査は無効になるので注意してください。

資金繰りに余裕があるうちに借り入れを

 

 

設備投資には多額の費用が必要になるので、多目的ローンで対応するのは困難です。
そこで設備投資を目的にお金を借りる場合は、ビジネスローンを選択しましょう。

ビジネスローンからお金を借りることは、事業を加速するうえで欠かせません。
日本では無借金経営をするのが美徳という考えが浸透していますが、これでは企業の成長を鈍化させてしまいます。

スピーディーな成長のためには、必要な状況でしっかりとお金を借りることが重要です。
資金力に余裕があれば、さまざまなチャレンジができるので、現状を打破するチャンスにもなります。
ビジネスローンを利用するタイミングは、財務状況が逼迫していないときです。

自転車操業の状態に陥ってしまうと、たとえ少額でも借りることは困難です。
これは金融機関全般に言えることで、財務状況に余裕があるときは借りやすく、逆に本当に困ったときは容易には貸してもらえません。

資金繰りが極めて悪化している状況で借り入れするのであれば、有担保ローンを利用するのが現実的でしょう。
不動産を担保に入れることで、融資をしてもらえる確率がぐんと高くなります。
さらに無担保ローンよりも限度額と金利で優遇条件を提示してもらえることが多いです。

生活サポート基金は自己破産者でもお金(生活費)を借りられる

銀行と消費者金融の違い

 

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングは、お金を借りるという点では同じなので違いはないと思うかもしれません。
しかしそれぞれには細かな違いがいくつかあり、状況に応じて最適な方法を選ぶのがおすすめです。

カードローンは、総量規制の対象にならない銀行が提供するサービスです。
そのため収入の影響を受けずにお金を借りることができるので、たとえば多額のお金を用意したいときに向いています。

一方のキャッシングは、総量規制の対象になる消費者金融が提供しているサービスです。
そのため融資を受けられる金額が、収入に応じて決められています。
具体的には収入の3分の1までしかお金を借りることができず、また借入先は複数であっても合算されてしまいます。

ですから複数の消費者金融からお金を借りていたとしても、すべて合わせて上限は収入の3分の1までです。
総量規制の対象にならない銀行のカードローンと総量規制の対象になる消費者金融のキャッシングには、このような違いがあります。
これらの違いを理解しつつうまく借入先を選びながら申し込みをすると、賢くお金を借りることができるようになり、必要な時に必要な金額を用意できるようになります。

銀行と消費者金融の使い分け方

 

財布のお金銀行と消費者金融にはそれぞれ違いがあるので、目的に応じた使い分けが重要です。
住宅や自動車などの購入を目的に、ある程度まとまったお金を借りるならおすすめは計画的に返済する銀行です。

銀行には住宅ローンや自動車ローンなど使い道が決められたサービスがあり、審査を通過するとカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。
基本的に銀行は審査のスピードが遅く、申し込みから借り入れまで数日かかります。

しかしスピード感はないもののまとまったお金を低金利で借りられるのは非常に魅力的なので、住宅や自動車の購入など長期にわたり計画的に返済していく目的なら、銀行を選ぶようにしましょう。
消費者金融は、スピード感が魅力的なサービスです。

最短なら1時間以内で申し込みから借り入れまで完了する消費者金融もあり、急いでいるときには非常に便利です。
そのため急にお金が必要となった場合の消費者金融は非常に魅力的で、たとえば急に飲み会などでお金が必要になったら、スマホで申し込みをして利用すると良いでしょう。
銀行と消費者金融それぞれの特徴を理解した使い分けができれば、無駄なく賢くお金を借りることができます。

複数社のお金の借り入れを1社にまとめるのおまとめローン

お金の借り入れをするならおまとめローン

ローンには様々な種類があり、複数の金融機関からお金の借り入れを行ってしまうことがあります。
このような場合返済期日が異なっていることが多く、返済期日を間違えていたということも起きやすいです。返済期日を間違えたために振り込むのを忘れた、などのことが起きないようにするにはお金の借り入れ先を統一することが大切です。

3社など複数の金融機関からお金の借り入れをしている場合、借金を一本化することができます。
このような仕組みをおまとめローンと言い、2社以上から借りている人向けのものになります。
通常総量規制がかかっており、年収の3分の1までしか借りることはできません。

ですがおまとめローンの場合は総量規制の例外貸し付けとなっていることが多いです。
審査によって異なるものの年収の3分の1を超えてしまったとしても金額を1つにすることができる可能性があり、金利が抑えられるほか信用情報の整理もすることができます。
複数の金融機関から借り入れを行い返済できない状態になると多重債務者になってしまいますが、まとめることによってこの状態がリセットされ、1社からのみ借りている状態になります。

信用情報が整理されることによって今後のローンの申し込みもしやすくなるメリットがあります。

おまとめローン金利が低いことが多い

おまとめローンを利用しお金の借り入れを一つにした場合、管理がしやすい、信用情報を整理できるメリットの他、返済負担を軽減できるメリットがあります。
貸金業者が守らなくてはならない利息制限法により金利は決まっており、50万円を2つの業者から借りた場合、上限の金利は18%となってしまいます。
ですがお金の借り入れを一つにし、100万円を1社からのみにすると上限は15%になるなど金利が低くなることが多いです。

カードローンは、金利は残高が大きくなればなるほど下がるのが原則となっており、お金の借り入れ先を一つにし借入残高を大きくすることで金利が低くなる仕組みになっています。
そのため毎月の返済の負担が軽減され返せないという状態を回避することができるので、まとめた方が良い状態になります。
なお借入先があまりに多いと返済能力が超えていると判断され、審査に落ちてしまうことがあります。
またもともと借りていたローンよりも新しく借りたローンの金利の方が高い、もしくは同等であると、金利は下がりません。

ローンは銀行や消費者金融、ノンバンクの金融機関となるので、契約する際には新しいローンの金利が低いかどうかをきちんと把握することが大切になります。