月: 2022年1月

お金を借りるローンの返済方法まとめ

気軽に行えるローンの返済の種類

ローンには様々な返済方式があります。

その中の一つであるリボルビング返済は分割払いに似ている方法であり、比較的気軽に行える方法です。
リボルビング返済とは一定の金額を毎月返していく方式であり、返済額が固定されているため負担は少ないです。ですがその分通常の分割払いより手数料が高いことが多く、元金が多い場合や返済期間が長い場合は、早期にローン返済を試みないと結果として負担が大きくなってしまいます。

ローン返済ボーナス時増額返済とはボーナス時加算返済とも言われており、月々の返済額にボーナス時返済を加算することにより、返済期間を短縮することが可能です。
ローン返済額が一機に減るので負担が少ないのがメリットですが、その分ボーナスがもらえないまたは大きく減った時には注意が必要な方法でもあります。少額のローンであれば問題ありませんが、多額になった場合ボーナス加算を利用してしまうと返済計画がうまくいかないことがありますし、ボーナスが出ない場合もあるので、ボーナス時の加算はおすすめしません。

リボルビング返済もボーナス時増額返済も気軽に検討できる方法ですが、その分慎重に行わないと結果として返済額が増えてしまうので注意するようにします。

 

住宅ローンで多い返済の種類

住宅ローンなど多額の金額を借りた場合に検討する方法に、繰上返済とステップ式返済があります。

返済方法の色々な種類繰上返済とは2種類から選ぶことができる方法で、期間を短縮するか返済額を軽減するか選択することが可能です。期間を短縮した場合返済額を軽減するよりも利息を軽減できる効果が大きいので、月々の返済に余裕があれば期間短縮の方を選ぶ方がよいでしょう。

返済額を軽減する方法は、ゆとりがない場合や近い将来出費の予定がある場合に選択します。ですがどちらも繰上返済した資金は元金に充当させることができるので、総返済額を減らすことができます。

ステップ式返済とははじめは返済額を抑え、段階的に返済額を上げていく方法を指していました。
ゆとり返済と言われていましたが、6年目に急激に返済額があがることから批判が多く、2000年4月に廃止となっています。現在では、返済額の上がるステップ数や金額を選ぶことができるようになっており、使い勝手のよいものになりました。ステップ式返済の場合、段階的に収入アップが見込める人向きであり、ある程度の収入がないと難しい方式です。確実に収入アップがあるとわかる場合に検討すると良いです。

 

ローンでお金を借りる? ローンについて理解する

お金を借りる場合の返済方法の種類について

 

お金を借りるときの返済方法で、よく知られているのが「一括返済」と「分割返済」です。
ローンだと毎月決まった日に決まった金額だけ返済する約定返済が基本で、例えば毎月10日に1万円ずつ返していきます。一括だと借り入れ残高を一回で全額返済し、借入でかかるし利息が減らせるので借入額が増えるほどその効果は大きいです。
最大の特徴は利息を減らせることで、金利に関係なく借りた期間が長くなるほど利息は高くなっていき短いほど少なくなります。「分割返済」は、買い物金額などに対して何回で支払いを済ませるかを決めてから返す方法です。

例えば3・5・6・10・12回など予め決まっていて後は回数を指定するだけで申し込めます。回数はカード会社ごとに違い、最初は一括でも後から分割にすることも可能です。

注意したいのは単純に買い物額÷支払い回数=が毎月の返済額ではなく、分割にすると回数によって毎月手数料が加算されて、支払い回数が多いほど返済額は安くなってもその分手数料が高くなります。

「分割返済」は先に何ヶ月後に返済が終わるかがはっきりわかり、手数料はリボ払いよりも低めに設定されていて、一つずつの買い物で指定できるので何件も利用したら少し把握がしにくいです。

 

お金を借りる時には最適な返済方法の選択も大事

 

お金を借りる場合は、「元利均等返済」と「元金均等返済」の特徴を知っておくことも大事です。
元利均等返済は、最初から完済まで「月々の返済額が一定」となる方式で端数調整で初回や最終回だけ返済額が少し違うこともありますが、返済の最初の月から最後の月まで借入期間中はずっと同じ金額を返します。

利息と元金を含んだ一定額を毎月返すので、返済当初は利息の割合が大きくて完済が近づいてくるほど元金部分の割合が大きくなってきます。毎回の金額が一定なので将来にわたり返済計画も立てやすく、
長期間のお金を借りる場合でも安定的に返していけます。

元金均等返済は、最初から完済まで月々の返済額に占める「元金の返済額が一定」となる方法で、利息部分は残高を元に計算するので多い初回は返す金額が最も多くて将来に向けて金額が少なくなっていきます。

最大のメリットは同じ期間を設定したときに、総額が元利均等返済に比べて少なくなることで元金は毎月均等に返していくので、残金の減り方が早いです。

ただ、初回は高いので負担はおおきくなり、最初は高額でも将来にわたって月々の金額が減っていく方がいいなら、お金を借りるときにはおすすめの方法といいます。

 

ノンバンクと銀行その違い?お金を借りるならどっち?

金融機関の違いとは何か

金融機関の違い

金融機関にもいろいろあります。大手のメガバンクや街の信用金庫や信用組合、地方銀行など様々です。
それぞれ特徴が違うのですが、銀行は「銀行法」という法律に沿って営業しています。

大手のメガバンクでは大企業などを対象にした融資を行うことが多いのです。
個人にも貸し出しは行っていますが、年収が高い人などの属性が良い人を中心とした融資が多いのも特徴です。
それに対して地方銀行などは個人の住宅ローンなどにも積極的に融資しているところもあります。

信用金庫や信用組合では中小企業などへの融資などにも積極的に行っています。
信用組合では組合員になることという条件もありますが、どの金融機関でもお金を借りる際には頼りになるものです。
ちなみに信用金庫には「信用金庫法」というものに沿って営業しています。

さて、お金を借りる際には元金の返済に加えて利息も返済することになります。
金融機関によって利率が異なることが多いです。利率の低い順に並べてみるとまずはメガバンクが一番低く、次に地方銀行が低めで、その次に信用組合や信用金庫の順になります。
銀行以外の金融機関にノンバンクというものもありますが、利率は高めに設定されています。

ノンバンクの特徴とは

銀行とノンバンクどっち?

前述の通り銀行は「銀行法」、信用金庫は「信用金庫法」に沿って営業しています。

しかし、ノンバンクは「貸金業法」に沿って営業しているのです。
特徴としては、銀行などのように預金をしたりすることはできませんが、お金を借りる事は出来ます。
つまり貸金を専門にしているところが、他の金融機関と大きく異なるのです。

ノンバンクからお金を借りるメリットやデメリットがあります。
メリットは融資のスピードが銀行等に比べて早いという点です。

他の金融機関に比べてもすぐに、お金を借りることが出来るのが特徴の一つです。
逆にデメリットは利率が高いということでしょう。
メガバンクや地方銀行、信用金庫や信用組合と比べても、どこよりも高く設定されていることが多いです。

お金を借りる際に大切なことは、自分の属性を考えてどこから借りたらよいかをきちんと計画することです。出来れば利率は低いところがよいに決まっています。
大きな金額を借りるのであればなおさらでしょう。

住宅ローンのように長い年月をかけて返済するのであれば、メガバンクのような利率の低いところが望ましいのですが、すぐに借りたい場合には信販会社の借り入れは大変助かるものです。