月: 2021年11月

韓国消費者金融市場の40%がアフロとサンワ、KJIなどの日系企業

韓国消費者金融の市場

 

日本系貸金業者が韓国消費者金融市場の40パーセント以上を占めています。
この日本系貸金業者は、アフロファイナンシャルとサンワマネー・KJI・ミズサランの4社の資産総額は、2014年上半期基準で4兆2836億ウォン日本円で約4300億円にもなります。

この金額は韓国消費者金融業界の42.4パーセントにも及ぶ金額になり、韓国国民が自己破産に追い込まれているといった問題が出てきており、日系企業への批判が高まってきています。

2014年に自己破産した人20代は6000人を超えていて、前年に比べて9.4パーセントも増えていることになります。
29歳以下の若者がお金を借りることが多く、女性をターゲットにした金融業者では、女性の利用率が高くなってきています。

専業主婦など金融機関で融資をうけることが難しいので、このような消費者金融でお金を借りる人が多発しています。
審査が甘く高金利になるので借りやすいが返済することができない悪循環に陥っている現状があります。
韓国政府は21社の貸金業者に庶民金融優秀貸金業者に選定していて、選ばれた金融機関は0.2割から0.4割の金利で借りることができ、21社のうち7社が日本系貸金業者が選ばれています。

日系消費者金融でお金を借りる方法

日系消費者金融でお金を借りる方法はとても簡単な手続きでおこなうことができます。
パソコンやスマートフォンなどの端末からや、店頭に来店して申し込みをする方法・自動契約機を利用する方法などお金を借りる方法はたくさんあります。

大手消費者金融ではインターネットで申し込みをすることができます。24時間365日いつでも申し込みすることができるので実店舗に行かなくても済むので非常に便利です。
お金を借りる際には本人確認の書類や収入証明書書類が必要になります。最近ではアプリを導入している消費者金融が多くあります。

アプリでは、本人確認の必要書類などスマートフォンのカメラ機能で送信することができるので、わざわざ郵送しなくても済むようになっています。審査は消費者金融によって基準や審査期間は異なりますが、早いところなら25分ほどで審査の結果がわかる場合もあります。

ほとんどの消費者金融は融資までスピーディーな対応でおこなわれることが多いです。
アプリを使用するとセブンイレブンなどのコンビニから返済や増額の手続きをATMでおこなえるようになり、カードがなくてもスマートフォンひとつで手続きを完了することができるので、とても便利です。

生活サポート基金は自己破産者でもお金(生活費)を借りられる

銀行と消費者金融の違い

 

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングは、お金を借りるという点では同じなので違いはないと思うかもしれません。
しかしそれぞれには細かな違いがいくつかあり、状況に応じて最適な方法を選ぶのがおすすめです。

カードローンは、総量規制の対象にならない銀行が提供するサービスです。
そのため収入の影響を受けずにお金を借りることができるので、たとえば多額のお金を用意したいときに向いています。

一方のキャッシングは、総量規制の対象になる消費者金融が提供しているサービスです。
そのため融資を受けられる金額が、収入に応じて決められています。
具体的には収入の3分の1までしかお金を借りることができず、また借入先は複数であっても合算されてしまいます。

ですから複数の消費者金融からお金を借りていたとしても、すべて合わせて上限は収入の3分の1までです。
総量規制の対象にならない銀行のカードローンと総量規制の対象になる消費者金融のキャッシングには、このような違いがあります。
これらの違いを理解しつつうまく借入先を選びながら申し込みをすると、賢くお金を借りることができるようになり、必要な時に必要な金額を用意できるようになります。

銀行と消費者金融の使い分け方

 

財布のお金銀行と消費者金融にはそれぞれ違いがあるので、目的に応じた使い分けが重要です。
住宅や自動車などの購入を目的に、ある程度まとまったお金を借りるならおすすめは計画的に返済する銀行です。

銀行には住宅ローンや自動車ローンなど使い道が決められたサービスがあり、審査を通過するとカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。
基本的に銀行は審査のスピードが遅く、申し込みから借り入れまで数日かかります。

しかしスピード感はないもののまとまったお金を低金利で借りられるのは非常に魅力的なので、住宅や自動車の購入など長期にわたり計画的に返済していく目的なら、銀行を選ぶようにしましょう。
消費者金融は、スピード感が魅力的なサービスです。

最短なら1時間以内で申し込みから借り入れまで完了する消費者金融もあり、急いでいるときには非常に便利です。
そのため急にお金が必要となった場合の消費者金融は非常に魅力的で、たとえば急に飲み会などでお金が必要になったら、スマホで申し込みをして利用すると良いでしょう。
銀行と消費者金融それぞれの特徴を理解した使い分けができれば、無駄なく賢くお金を借りることができます。