月: 2021年10月

複数社のお金の借り入れを1社にまとめるのおまとめローン

お金の借り入れをするならおまとめローン

ローンには様々な種類があり、複数の金融機関からお金の借り入れを行ってしまうことがあります。
このような場合返済期日が異なっていることが多く、返済期日を間違えていたということも起きやすいです。返済期日を間違えたために振り込むのを忘れた、などのことが起きないようにするにはお金の借り入れ先を統一することが大切です。

3社など複数の金融機関からお金の借り入れをしている場合、借金を一本化することができます。
このような仕組みをおまとめローンと言い、2社以上から借りている人向けのものになります。
通常総量規制がかかっており、年収の3分の1までしか借りることはできません。

ですがおまとめローンの場合は総量規制の例外貸し付けとなっていることが多いです。
審査によって異なるものの年収の3分の1を超えてしまったとしても金額を1つにすることができる可能性があり、金利が抑えられるほか信用情報の整理もすることができます。
複数の金融機関から借り入れを行い返済できない状態になると多重債務者になってしまいますが、まとめることによってこの状態がリセットされ、1社からのみ借りている状態になります。

信用情報が整理されることによって今後のローンの申し込みもしやすくなるメリットがあります。

おまとめローン金利が低いことが多い

おまとめローンを利用しお金の借り入れを一つにした場合、管理がしやすい、信用情報を整理できるメリットの他、返済負担を軽減できるメリットがあります。
貸金業者が守らなくてはならない利息制限法により金利は決まっており、50万円を2つの業者から借りた場合、上限の金利は18%となってしまいます。
ですがお金の借り入れを一つにし、100万円を1社からのみにすると上限は15%になるなど金利が低くなることが多いです。

カードローンは、金利は残高が大きくなればなるほど下がるのが原則となっており、お金の借り入れ先を一つにし借入残高を大きくすることで金利が低くなる仕組みになっています。
そのため毎月の返済の負担が軽減され返せないという状態を回避することができるので、まとめた方が良い状態になります。
なお借入先があまりに多いと返済能力が超えていると判断され、審査に落ちてしまうことがあります。
またもともと借りていたローンよりも新しく借りたローンの金利の方が高い、もしくは同等であると、金利は下がりません。

ローンは銀行や消費者金融、ノンバンクの金融機関となるので、契約する際には新しいローンの金利が低いかどうかをきちんと把握することが大切になります。

PayPay(ペイペイ)でお金を借りるためには銀行の審査が必要

お金を借りるには銀行の審査が必要です

お金を借りる

PayPayとはスマートフォンひとつで決済することができるアプリになり、還元率が高いキャンペーンなど頻繁におこなっているので、ユーザー数も増えてきています。

何かサービスや品物を購入するだけではなく、お金を借りることもできます。
借り入れ先はPayPay銀行になり、借入の手続きはスマートフォンひとつでおこなうことができます。

お金を借りる場合には、銀行の審査基準の条件を満たしている必要があるので、誰でもお金を借りることができるわけではないので注意する必要があります。
審査に通過する必要がありますが、審査そのものはそんなに厳しいものではないので、借入しやすいです。
銀行法に則って運営しているので、貸金業法による総量規制の対象ではないので、総量規制を超える貸し付けがある方でもお金を借りることができる余地があります。

正規の雇用でなくても安定した収入がある場合いにはアルバイトでも貸付の対象になります。
貸付年齢対象が73歳までなので安定した収入がある高齢者の方でも借りることが可能になります。
配偶者が働いている場合では、専業主婦でも貸付の対象になるので配偶者貸付として融資をうけることができます。

PayPay銀行による在籍確認の電話の注意点

PayPayでお金を借りるとペイペイ銀行から勤務先に在籍確認の電話があります。
在籍確認は申し込みの内容に嘘や偽りがないかチェックする大切なことなので必ずおこなわれることになります。
指定した勤務先で在籍確認をとることができなかった場合には、融資をうけることができなくなるので注意する必要があります。

勤務先に在籍確認の電話があった場合、本人が電話口に出なくても在籍の確認を認められるケースがあります。
それは職場の方が対応したときに席を外しているといった場合になります。
逆に職場の方が個人情報なので教えなかった場合には、在籍確認として認められないので注意しておく必要があります。

審査が比較的緩いペイペイ銀行でも、ブラックの方などは審査の通過がかなり難しくなります。
審査の際に全国銀行信用情報センターに照会するので、ブラックの方はすぐにばれてしまいます。
そうはいっても他の金融機関に比べて審査が通りやすいです。
その背景には他の銀行カードローンに比べて金利が高いといったことがあります。
無利息キャンペーンなどおこなっていることがあるので、そのときに借りるようにすれば利息がお得になるのでおすすめです。