法人向け不動産担保ローンでお金を借りるメリット-おカネの拠り所

不動産を担保にして借りる魅力とは

渋沢栄一ってやっぱりすごい

法人がお金を借りるときに役立つのが法人向け不動産担保ローンです。
キャッシングやカードローンは法人にも対応していますが、もともと個人向け融資を目的にしているので高金利です。
金利は15%以上になることが多いので、多額の資金調達には向いていません。

法人の場合ですと数百万円の借り入れになるのは当たり前ですし、多目的ローンにおいては貸し付け条件が厳格です。
はじめて借り入れをする場合ですと、個人・法人を問わずに100万円未満の融資になるのが一般的です。

大手の消費者金融であっても、数百万円の融資は簡単にはしてくれません。
一方で法人向け不動産担保ローンの場合は、不動産を担保にすれば数千万円の借り入れも可能です。

不動産の担保価値の70%くらいまでお金を借りることができるので、本格的な資金繰り改善を実現できるでしょう。
不動産を担保にすることで、審査のハードルを下げることができ、さらに低金利での借り入れができます。

銀行系の不動産担保ローンの場合は、ノンバンク系よりも低金利が提示されることが多く、利息の支払いを圧縮するために役立ちます。安全にお金を借りるためには、利息の増加をいかに防ぐかがポイントです。

多目的ローンにはない強みがある

 

お金で拭う

法人向け不動産担保ローンでお金を借りるメリットは、金利がかなり低いことです。
キャッシングやカードローンのように、数万円だけ一時的に借りるような状況ですと、多少金利が高くても利息にはあまり影響しません。

一方で法人が借り入れする場合、少なくとも数十万円の調達が必要になるでしょう。
事業規模が大きい企業であれば、数百万円~数千万円を超える資金が必要になるケースもあります。
こうした状況においてお金を借りるならば、0.1%でも低金利のローンを選択することが重要です。

融資を受けると毎月の返済が発生し、元金と利息を両方返さなくてはいけません。
返済に逼迫することで資金繰りが悪化しては本末転倒なので、くれぐれも借りすぎないように注意してください。

法人向け不動産担保ローンは高額のお金を借りることが可能で、また低金利というメリットがありますが、ほかにも審査の通過率が高い、総量規制の対象外になる、などの特徴があります。
キャッシングやカードローンの場合は総量規制という法律により、借り入れ総額が年収の3分の1に制限されます。

また事業資金を目的とした融資には対応してもらえないケースが多いです。
法人向け不動産担保ローンであれば、用途は制限されないので法人の資金繰りを見直すために最適です。