低所得世帯の場合は緊急小口資金で金を借りる?コロナ影響で世帯拡大!

所得が低い世帯は国からお金が借りられる

 

低所得世帯向けの国からお金を借りることができる制度があります。
緊急小口資金を利用すれば、所得が低いことを理由に一時的に生活を維持することができなくなった場合、緊急でお金が必要になった場合に国からお金を借りることが可能です。

金額は少額ですが、無利子かつ保証人なしで借りられるというメリットがあります。
一般的な借入では保証人が必要であったり、利子が発生したりすることが多いです。
緊急小口資金を利用してお金を借りる場合は、銀行や消費者金融での借入と違って利子による負担が発生することがありません。

お金を借りる

生活費が足りなくなったときやお金がなくて困っているときには、すぐに消費者金融などの利用を検討してしまう人が多いです。
ですが、利子の発生するような方法を選んでしまうと一時的にお金を得ることができても、収入が低い状態では返済することが難しくなります。

緊急小口資金の場合は利子がない上に償還までの期間が長めに設定されているため、低所得世帯でもきちんと返しやすい仕組みになっていると言えるでしょう。
所得が低い状態でお金に困っているのであれば、この方法で借りることができないかチェックしてみることをおすすめします。

新型コロナウイルスの影響で利用できる人が増えている

緊急小口資金は新型コロナウイルス感染症の影響によって、対象者が拡大されています。新型コロナウイルス感染症を理由とした休業で収入が減少した人、失業で収入がなくなった人もお金を借りることが可能です。
状況に応じて貸付上限は違っていますが、最高で20万円までお金を借りることができるので、当面の生活費を確保したい場合でも安心だと言えます。

きらん

要介護者がいる場合や家族が多い場合、仕事を休んで休校になった子供の世話をする必要がある場合など、特定の条件を満たす場合は20万円以内でお金を借りることが可能です。
上限に違いはありますが、従来の所得が低い世帯に限定した取り扱いではなく、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた世帯であれば利用できるようになっていることを知っておきましょう。

感染症が拡大する前までの制度しか知らなかった場合は、対象に含まれていることに気づいていない可能性があります。
実は利用対象に含まれている世帯が多いので、お金に困っているのであれば緊急小口資金を利用することができるのかどうか確かめてみるべきです。
国で用意されている制度を理解し、必要なときに使えるようにしておくことが大切だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)