スマホ決済アプリのPayPay(ペイペイ)のミニアプリでお金を借りる-おカネの拠り所

PayPayのアプリで少額ローンを利用

 

おすすめはPayPayは便利な仕組みですが、貯金や残高が不足していると支払いに使えません。
しかし、身にアプリを使用すれば、このような場合にも資金を確保できるようになります。
なぜなら、ミニアプリにはお金を借りる機能が備わっているからです。

以前から使っている場合でも、キャッシュレス決済しか搭載されていないと考えている人もいるでしょう。
そこに追加する形で少額ローンを組めるようになりました。
同業他社のアプリで少額ローンを利用できるものはまだ多くありません。

正確にはミニアプリを経由する形で、PayPay銀行から借り入れを行うことになります。
PayPay銀行は大手のネットバンクが母体になっており、そこと提携して商標を変更することで成立しました。

このように、業界をリードする型で盤石のインフラを整えつつあるのが実情です。
したがって、お金を借りることまで視野に入れるなら、このアプリを導入しておいて損はありません。

貯金や残高が足りないときに、予想外の支払いが発生しても安心です。
なお、ローンの申し込みをアプリ上で行えることもポイントとなっています。店頭を訪れる手間もかかりませんし、キャッシュレス決済と同じ感覚でお金を借りることも可能です。

チャージに関する注意点を把握しよう!

 

お金PayPayでお金を借りる場合、PayPayマネーにチャージすることが基本です。
ただし、それが唯一の方法というわけではなく、コンビニのATMでも引き出せます。
緊急時などは後者のほうが適しているケースもあるため、状況に応じて使い分けると良いでしょう。
なお、チャージを実施するときは、PayPayの口座から送金してもらう必要があります。

すなわち、そのままでは加算できない点を把握しておくことも欠かせません。
また、自動的に実施されると勘違いされがちですが、そのようなサービスはない点にも気を付けてください。他社ではチャージを自動で行うサービスもあるため、混同している人も見受けられます。

それが不便と感じるなら、PayPayカードのキャッシング枠を利用するという手もあります。
こちらはクレジットカードですが、直接PayPayに加算できるので利便性がとても高いです。

併用することも検討すれば、さらにお金を借りる際のハードルを下げられます。
このように、お金を借りる方法が複数あることもPayPayの強みとなっています。
アプリをインストールするときは、他の方法についても理解を深めておきましょう。